がん治療と妊娠、出産

現在、抗がん剤(AC療法)治療中です。

治療を始めるにあたり、大きな決断が必要でした。

それは、妊娠の可能性が少なくなる事を受け入れるという事です。





抗がん剤の副作用の一つに、卵巣への影響があります。年齢的にも抗がん剤(3ヶ月)+ホルモン剤(5年間)が終わる頃には(現在37歳、すべての治療が完了するのは42歳の予定)、治療の影響から閉経してしまう可能性もあるとの説明を受けました。

先々出産の希望があるなら、事前に卵子を採取しておく、ホルモン治療の期間を短くするなどの手段もありましたが、私たち夫婦は元々、不妊治療をしてまでの妊娠・出産には懐疑的な考え方を持っていた事もあり、まずは、治療に専念しようと決めました。

抗がん剤治療が完了し、卵巣の機能が回復する事が出来たならば、ホルモン治療が終わった暁には、年齢的な制限はあるかもしれないけれども、授かるかどうかチャレンジしてみようと、考えています。

ーーーーーーー

術後の抗がん剤治療の有無は、ステージよりがんの顔つき、勢いによる再発リスクの高さで決まる事があります。
早期発見かどうかで左右される部分でないので、頑張っても避けられない治療のになる可能性があり、出産を希望する女性にとっては、辛い選択です。家族、医療機関などによる心のケアもが欠かせないと感じます。

今後、医療が進み出産を諦めなくても済む選択肢が増える事を切に願います。
[PR]
by clovaldays_bc | 2013-03-01 09:34 | 抗がん剤治療


乳がんの記録 37歳で、、、


by clovaldays_bc

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
乳がん告知まで
手術、入院
抗がん剤治療
症状、診断結果
放射線治療
ホルモン療法
生活の質向上
術後検診
臨床試験
お金の事
仕事の事
未分類

以前の記事

2014年 08月
2014年 06月
2014年 03月
more...

タグ

その他のジャンル

最新の記事

がん患者の社会復帰 過程の記録1
at 2014-08-28 16:54
信頼が揺らぐ出来事
at 2014-06-06 13:49
ホルモン療法と生理
at 2014-03-04 19:04
1年目検診
at 2014-02-25 10:20
漢方薬で改善したこと
at 2013-11-09 20:26
関節痛
at 2013-09-26 13:36
抗がん剤治療のその後 爪
at 2013-09-20 11:05
婦人科受診 抗がん剤、ホルモ..
at 2013-09-19 14:00
臨床試験のその後
at 2013-09-06 14:14
ホルモン療法スタート + 臨..
at 2013-07-26 23:40

ブログジャンル

病気・闘病

画像一覧