術後翌日から退院日以降の状態のまとめ

乳がんの手術(乳房温存)の翌日からの記録を思い出せる範囲で。

手術当日夜があまりに寝不足だったので、あまり記録を残していませんでしたが、出来る限り書いておきます。

とはいえ、術後2日で退院したのですが、、、。





12.12.21
術後翌日

・午前中
朝食はなしだったような、、、。

担当医の回診時、背中が痛いと泣きつくと、ちょっと傷に響くかもしれないけど、傷が開く事は無いので、寝返りうってご覧と言われる。(怖いけどチャレンジ、足だけ、とか腰から、とか少しずつ動かせるように。)

その後、起き上がる事が出来るか看護師の立ち会いもと、チャレンジ。
病棟内を一周できた事を確認後、点滴、導尿カテーテルをはずされる。

下着、パジャマに着替え。

可能なら歩いたりしていてよいと言われ、様子見ながら動き回る。

・午後
昼食 ほぼ普通食。

かなり動き回っていた為、麻酔医が回診に来たときに驚かれる。


ーーーーーーー

以下、退院日以降をまとめました。

12.12.22
退院日

○退院前に最後の傷口確認と防水シール貼り。
→私の場合、傷口に問題は見受けられなかったが、乳首のあたりの血行が悪化しており、黒ずんでしまっていた為、血行を改善する軟膏を塗る必要が生じ、防水シールの乳首周辺に穴が開けられる。
(その為、防水シールの役目はほぼなしとのこと、、、)

○午前中退院
・タクシーで帰宅。
→運転が荒く感じる。右折、左折の時は傷跡に響いて身体を支えるのが大変。
実際ちょっと荒目の運転手だったようです…

帰宅後
・手術した側の腕がむくみ、ワキの傷周辺がつっぱり痛む。
→出来るだけ腕をマッサージとリハビリ

・テープ跡のかぶれがひどくなってくる。
→炎症より、とにかくかゆみがひどいので医師と相談し、通常より使用していたレスタミンコーワを使用。

・血栓予防のハイソックス跡にもかぶれが出ている事に気づく。

・傷口を避けてシャワー(防水シールが役立たない状態だったので、タオルをあてて主人に手伝ってもらっての入浴)


12.12.23
退院2日後

・午前中、買い物に出ようとするも、傷口が痛み挫折。二の腕が突っ張り痛い。

・微熱 37.1℃

・半身浴とシャワー 傷口は避ける


12.12.27
傷口確認のため、病院(処置外来)へ来院

・防水シールがとれる。
・ワキ、二の腕の突っ張りについて → センチネルリンパ節生検行うとどうしてもワキを切るので、起こりやすいとのこと。要リハビリ。
ワキを切った事で、腕、ワキ、横っ腹などに痛みが出る事もあるとの事。
天気が悪くなる前に膝が痛くなるような症状に似た状態なんだとの事。

※行きは不安だったため、タクシーで行ったが、帰りは電車にチャレンジし、成功。


その後、家事などは無理をしなければ出来るようになりました。
高いところのものを取る、洗濯物の干すなどの作業が少しなれるまでに時間がかかりました。
[PR]
by clovaldays_bc | 2013-03-08 16:46 | 症状、診断結果


乳がんの記録 37歳で、、、


by clovaldays_bc

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
乳がん告知まで
手術、入院
抗がん剤治療
症状、診断結果
放射線治療
ホルモン療法
生活の質向上
術後検診
臨床試験
お金の事
仕事の事
未分類

以前の記事

2014年 08月
2014年 06月
2014年 03月
more...

その他のジャンル

最新の記事

がん患者の社会復帰 過程の記録1
at 2014-08-28 16:54
信頼が揺らぐ出来事
at 2014-06-06 13:49
ホルモン療法と生理
at 2014-03-04 19:04
1年目検診
at 2014-02-25 10:20
漢方薬で改善したこと
at 2013-11-09 20:26
関節痛
at 2013-09-26 13:36
抗がん剤治療のその後 爪
at 2013-09-20 11:05
婦人科受診 抗がん剤、ホルモ..
at 2013-09-19 14:00
臨床試験のその後
at 2013-09-06 14:14
ホルモン療法スタート + 臨..
at 2013-07-26 23:40

ブログジャンル

病気・闘病

画像一覧